PR
「建築好き」を自任するジェイアイエヌの田中仁社長。建築家の知人も多く、今回のプロジェクトではメガネのデザイン依頼はすべて自ら直接行ったという(写真:ケンプラッツ)
「建築好き」を自任するジェイアイエヌの田中社長。建築家の知人も多く、今回のプロジェクトではメガネのデザイン依頼はすべて自ら直接行ったという(写真:ケンプラッツ)

 メガネ店「JIN's GLOBAL STANDARD(ジンズグローバルスタンダード)」を全国展開するジェイアイエヌは7月16日、著名な建築家11組がデザインしたメガネの予約受注を開始した。併せて全作品を初公開、8月2日まで表参道ヒルズ(東京都渋谷区)の特設会場で展示する(入場無料)。

 メガネの予約受注は、オンラインショップと直営店5店舗および展示会場で受け付ける。それぞれ限定100個だが、売れ行きが良ければ増産する予定。価格はいずれも1万2990円(税込)で、発売は11月下旬となる見込み。

 「JIN's GLOBAL STANDARD×クリエイター 第一弾:建築家シリーズ」と題したコラボレーション企画に参加した建築家は、青木淳氏石上純也氏伊東豊雄氏、乾久美子氏、デザインユニット隈研吾と大村真有美氏、妹島和世氏中村拓志氏、永山裕子氏、西沢立衛氏藤本壮介氏藤森照信氏の11組。ジェイアイエヌの田中仁社長は「建築家が家具などのプロダクトデザインを手がけることは多いが、メガネをデザインした例は、海外も含めてほとんどないのではないか」と語る。

 次ページ以降で、公開された11のメガネとコンセプト紹介する。各氏の建築作品を思い浮かべながら見てみると、作風における共通点、あるいは意外な一面を発見できるかもしれない。