PR

スリーエフ横浜市庁舎店(横浜市)

オールLEDの省エネ化モデル

 首都圏に約650店を展開するコンビニチェーンのスリーエフは2009年5月11日、同チェーン初となるオールLED照明の「スリーエフ横浜市庁舎店」をオープンさせた。天井の基本照明のほか、冷蔵ケースや看板照明など、すべての光源にLED照明を採用した。従来の蛍光灯と比較して、年間消費電力は1万5516kW削減(削減率は34.2%)できた。CO2排出量は1万1070kg減となる。

埋込型LEDでフラットな天井に

 「スリーエフ横浜市庁舎店」の照明設計は、東芝ライテックが手掛けた。これまでのコンビニエンスストアとは一味違う雰囲気にした。109.31m2売り場スペースに、天井埋込型のLEDベースライト・スクエアタイプ26台を設置。フラットな天井面に仕上げ、基本照明の光量を確保した。

 天井に渡された梁を利用した間接照明は、LEDランプの指向性を上手に生かしてリズミカルな光のグラデーションを描いている。店内を見渡したときの演出効果は大きい。

 この天井面の間接照明には、一般形LED電球127台を設置した。既存店舗の電気配線やソケットを活用し、互換性のあるLEDランプを採用した。

すべての照明にLEDを採用したスリーエフ横浜市庁舎店の売り場。天井の梁を利用し、アッパーライトの間接光が天井面にリズミカルな光の模様を描くようにした。シンプルな天井埋込型のLEDベースライトと装飾的な間接光との組み合わせが、空間に変化を与えている(写真:東芝ライテック)

天井埋込型のLEDベースライト・スクエアタイプ。LEDランプは樹脂カバーに覆われている(写真:東芝ライテック)

「グーツコーヒー」のサービスカウンターには、ビーム形LED電球のスポットライトの光が当たる(写真:東芝ライテック)

[建物概要]

売場面積:109.31m2
発注・運営者:スリーエフ
設計者:シーク設計
照明設計者:東芝ライテック営業本部営業推進部商業施設推進担当
設計期間:2009年3月~4月
施工期間:2009年3月~4月
開業日:2009年 5月11日

[使用製品]

東芝ライテック/E-CORE LEDスクエア埋込器具(LEDR-32401W-LD9、東芝ライテック/E-CORE LEDダウンライト(LEDD-70001W-LS8)、東芝ライテック/E-CORE ミゼットレフ形40W形LED電球(LEL-SL5N-F)、東芝ライテック/E-CORE ビームランプ形LED電球(LELBR9LF/H)