PR

 耐震改修の設計時に、建築確認の申請が必要か検討するだろう。鉄骨ブレースを挿入するなどシンプルな耐震補強で済めばほぼ不要だ。しかし、1階ピロティに壁を増設して、延べ面積が増えて増築となる場合などは、建築確認の申請が必要になる。もしその建物が既存不適格であれば、不適格部分を現行法規に適合させる必要性が出てくる。防火・排煙などの工事が必要になれば、コストはふくれ上がり、発注者は耐震改修に及び腰になるかもしれない。「一定の条件を満たして耐震化を進めれば、それ以外の防火や避難規定などに不適格部分があっても、現行法規に適合させなくてもよい」という制度がある。「建築物の耐震改修の促進に関する法律」(以下、耐震改修促進法)8条に規定されている「耐震改修計画の認定」がそれだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

新庄野球を支える日本ハムの新球場に潜入! 五輪後のスポーツ施設を展望
日経BP デジタルサービス会員登録キャンペーン 新規登録会員(無料)になっていただいた方の中から抽選でAmazonギフト券(2,000円分×1万名、1,000円分×2万名)が当たる!
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中