PR

 防災科学技術研究所・兵庫耐震工学研究センター(通称=E-ディフェンス)で7月14日、1階を鉄骨造、2階以上を木造とした、高さ約20mの7階建ての実大振動実験が一般公開された。木造部分は枠組壁工法だが、垂直に連続させた耐力壁同士を貫通したアンカーボルトで結び、全体を緊結しているのが特徴だ。

加振後の実験棟。被害はほとんど見られなかった(写真:池谷和浩)
加振後の実験棟。被害はほとんど見られなかった(写真:池谷和浩)

 実験では、計測震度階で震度6強に相当する地震を振動台で再現した。層間変形角は想定を下回る1/50にとどまり、主要構造部の被害は見られなかった。

 この実験は、米国立科学財団と防災技研の共同研究で、木造多層階建築の耐震性を実証することなどが目的だ。実験棟の1階部分は駐車場、2階以上は共同住宅を想定している。米国では環境問題の高まりから木造多層階建築に注目が集まっており、安全性の検証が求められていた。

 入力した地震波は、1994年に発生したノースリッジ地震の際、米カリフォルニア州で計測された波形を、180%に増幅したもの。加速度は実験棟の短手方向に628ガル、長手方向に742ガル、上下方向に863ガル。実験チームによると、この加速度は米ロサンゼルス市の建築基準で2500年に一度の地震に相当する。