PR


建築家やデザイナーが手掛けた“デザインで魅せる”空間を、デザインキーワードでジャンル分けして紹介していく。そのキーワード「まちと触れあう・まちを引き込む」の7回目は、建築家の隈研吾氏が設計した懐石料理店だ。


福井市の中心市街地にある懐石料理店。樹木に囲まれた奥所にある本館と切り離され、交差点に2面を接する別館を、建築家の隈研吾氏が設計した。ファサードの木格子は、棒材を3層重ねにして「樹木のような奥行き感」を表現したもの。この木格子は、街路からの視線を避ける役割を果たすとともに、内部では、木漏れ日が落ちているような不思議で開放的な空間をつくり出している。

料亭開花亭 別館「sou-an」[福井・中央/懐石料理店](写真:藤塚 光政)
料亭開花亭 別館「sou-an」[福井・中央/懐石料理店](写真:藤塚 光政)

リョーテイカイカテイ アネックス ソーアン

  • 設計者/隈研吾建築都市設計事務所(隈研吾)
  • 所在地/福井県福井市中央3-9-21
  • 業種・業態/懐石料理
  • 発注・運営者/開花亭
  • 施工者/村中建設
  • 面積/378.4m2
  • 客席数/64席
  • 開業日/08年2月

仕上げ

  • 1階客室/壁:ヴェルデフォンテン水磨き+はっ水剤塗布〈村上大理石〉 天井:ペンキ下地クロス張り 什器・家具:製作家具〈ヤマヨシ木工〉、置き家具〈Arflex〉

利用案内

  • 営業時間/11:30~13:30、17:30~21:30(22:00close)
  • 定休日/日・祝祭日
  • 電話/0776-50-1070
  • 交通案内/JR福井駅から徒歩10分