PR

グリーンアヴェニューあざぶの丘(愛知県三好町)

 豊田市郊外の「グリーンアヴェニューあざぶの丘」は、トヨタすまいるライフが開発する総面積7万6898m2、 計204区画のベッドタウンだ。「環境共生」を開発コンセプトに掲げ、ランドスケープから住まいまで環境への配慮をトータルに施している。生態系に配慮した造成や省エネ住宅の分譲、LED照明や太陽光発電などの活用がポイントだ。

屋外照明のオールLEDは世界初

   街路灯などの屋外照明すべてをLED照明にした。トヨタすまいるライフによれば、「屋外照明をオールLEDにした宅地開発は世界初だ」という。消費電力は蛍光灯を使った場合に比べて約50%、白熱電球を使った場合に比べて約90%削減することができる。年間のCO2排出量は、従来に比べて約10t減らすことにつながる。

すべての屋外照明をLED照明にした宅地開発は世界初だという(写真:トヨタすまいるライフ)

全204区画の街路灯の景観を俯瞰したイメージ図。消費電力の合計は6.09kW、従来の蛍光灯やHIDを使用した場合の消費電力は19.63kW。1日10時間点灯した場合、従来光源の年間電気料金約256万円に対し、オールLEDの場合は約61万円と、約195万円の削減になる(資料:トヨタすまいるライフ)

 全住戸に設置した門灯や外壁のライトアップ照明などにもLEDを採用。屋外灯を点灯することを住民協定に定め、月額約230円の電気料金は居住者が負担している。

 住戸の屋外灯は、個人宅の照明とパブリックな街の明かりを兼ねている。トヨタすまいるライフ営業企画部の大水哲宏次長によると、「入居者に調和した街の夜景のためのルールと説明することで、理解が得られている」という。

 住戸まわりの照明には、外壁や前庭の植栽を照らすアッパーライト、玄関ポーチライト、アプローチのフットライトなどをそろえた。いずれも独自に開発したLED照明器具を使っている。