PR

東京都が11月4日にまとめた少子高齢化時代の住宅施策に関する報告書では、猪瀬直樹副知事を座長とするプロジェクトチームが高齢者の住まいに関する「東京モデル」を提示している。年金や生活保護に頼って暮らす高齢者を対象に、合わせて約9400人分の住宅を整備する方針を示したのが特徴だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料