PR

2010年4月に施行となる改正省エネ法で、これまで事業所単位で適用されていたエネルギー管理基準が、事業者の全事業所に適用されることになり、中小規模の事業所でも省エネ措置の届け出が必要になるケースが出てくる。これを受けて、事業者向けの届け出支援サービスが相次いで登場している。各社のサービスは、対象とする用途や規模、条件など様々だ。利用する事業者は、事業所の規模や数を考えて、条件に合ったサービスを選ぶ必要がある。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料