PR

「在宅」と「施設」の間をつなぐ、「ケア付き住宅」が足りない。単身や夫婦のみの高齢者世帯は、2015年には全世帯の23%を占める1161万世帯に及ぶ見込みだ(国立社会保障・人口問題研究所の将来推計)。こうした課題に対処するには、既にある建物を改修し、うまく転用して使うことも選択肢の一つとなってくる。国は高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)を改正し、2009年8月に施行した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料