PR

 自社で設計や施工を手掛けたOB宅に新規顧客を案内したいが、どうすればOB顧客から快諾を得られるのか──。日経ホームビルダー12月号では、建て主が快く許諾してくれるための条件を探った。

 OB宅見学会への協力に前向きな建て主に、許諾するための条件を尋ねたところ、「謝礼があるなら」「スケジュールが合えば」といった声が多く挙がった。

 ただ、協力はするものの、他人が家に上がることを快く思わない建て主は少なくない。「プライバシーに配慮して」「汚れや傷には注意して」「事前に誰が来るのか教えて」──など、見学会に対して神経質になる様子も浮かび上がった。「傷が付いたときの補償を考えてほしい」という意見もあることから、「これくらいなら大丈夫だろう」などとOB顧客の好意に甘えすぎた態度は慎みたい。

建て主のちょっと言わせて!

工務店に建築を依頼した建て主

・本気で契約しようと思っている人だけにしてほしい。(静岡、40歳、男性)

・路上駐車をしないこと。近隣の迷惑にならないようにすること。マナーはしっかり守ってもらいたい。見学者だけに気遣いをするような工務店への協力は遠慮したい。(大阪、34歳、女性)

・時間を守ってほしい。(埼玉、27歳、女性)

・最低限のマナーについて、担当者から見学者にきちんと話をしてほしい。家の中にいる間は、担当者が見学者について回って。(大阪、36歳、女性)

・時間や場所を事前に調整したい。決められた場所以外の見学は禁止。(北海道、40歳、男性)

・恥ずかしいので、見学者には会いたくない。(福岡、32歳、女性)

・プライベートなことに関する質問には答えたくない。(千葉、61歳、男性)

・見学者の身元を確認して。個人情報が漏れるのが心配。(東京、33歳、男性)

設計事務所に建築を依頼した建て主

・物騒な世の中だけに、見学者の身元を確認したい。自分はきれい好きなので、子どもの同伴は遠慮してもらいたい。(岐阜、35歳、女性)

・傷を付けてしまった場合などの補償は明確にして。(広島、31歳、女性)

・小学生以下の参加はNG。「壁を触ってはダメ」と言っても、子どもは無意識に触ってしまい、汚してしまう。(岐阜、40歳、女性)

・こちらの生活リズムに合わせること。(東京、42歳、女性)

・日程などは早めに知らせてほしい。(神奈川、28歳、女性)

・部屋には黙って入らないで。私が立ち会うことが条件。(東京、52歳、女性)

・勝手に家具などを触らないでほしい。(大阪、34歳、女性)

・どのような人が見に来るのか、事前に教えて。(千葉、41歳、男性)

ハウスメーカーに建築を依頼した建て主

・見学者と本音で話し合える時間を作ってほしい。(兵庫、39歳、男性)

・興味本位の人は防犯の点から参加してほしくない。契約後の建て主なのかも知りたい。( 千葉、34歳、女性)

・勝手に部屋に入らない。(千葉、36歳、女性)

・営業の人が率先して案内するのではなく、私と一緒に案内するのならいい。(愛知、26歳、女性)

・普段の生活に負担をかけてほしくない。(神奈川、46歳、男性)

・のぞき見をしないで。(東京、44歳、男性)

・えらそうな人を参加させないこと。(滋賀、31歳、男性)

・風邪を引いている人は遠慮してほしい。(愛知、38歳、女性)

*            *            *

【調査概要】
3年以内に戸建て住宅を建てた建て主300人を対象に、09年5月にインターネットを使って調査した。回答者は、建築の依頼先別に、工務店、設計事務所、ハウスメーカーの3つに分類。回答者数は、それぞれ工務店が140人、設計事務所が60人、ハウスメーカーが100人だった。調査はメディアインタラクティブに依頼した