PR
工場の外観
工場の外観
工場の内部
工場の内部

 ドイツOSRAM Opto Semiconductors GmbHが100mmウエーハを使ったLEDチップ量産工場の稼働を発表した。同工場はマレーシアのペナンにある。数千万ユーロを投資して2007年7月から建設してきた。現在は製造装置の試運転が済んだところという。InGaN系のLEDチップを製造する。この結果、同社のLED量産体制はドイツのレーゲンスブルクにある工場と今回のマレーシアの工場の2工場体制になる。同社はドイツの工場を主力工場、マレーシアの工場を補完的な役割を果たす工場と位置付けている。