PR

 シャープと豊田合成は、LEDおよび半導体レーザの関連特許の相互ライセンス契約を締結した。両社が保有する、日本と世界の主要国に及ぶ同分野の特許を相互に利用可能になったという。対象となるのは、GaN系半導体を利用する青色LEDやBlu-ray Disc用光源である青紫色半導体レーザに関連する特許とみられる。今回の締結によって、両社はLED開発の促進と同市場のさらなる拡大を狙う。

 なお、シャープは2008年11月に、日亜化学工業とLEDおよび半導体レーザ全般に関する相互ライセンス契約を締結している(Tech-On!関連記事)。