PR

秋田県由利本荘市は、「地理情報システム(GIS)」で一元管理することで業務の効率化を図っている。管理するデータは、土地、建物、道路、上水道などの位置や数値など、市の各部署で扱う約800種類。市職員が入力、更新作業することで運営コスト削減が可能となる。さらに、このGISで確認申請を提出する際の手間が省ける利点もある。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料