PR
照射方向を調整できるダウンライト。薄型のLED照明ユニットを搭載する
照射方向を調整できるダウンライト。薄型のLED照明ユニットを搭載する

 東芝ライテックは、LED照明「E-CORE」として口金GX53を採用した住宅用照明を発売する。照射方向を調整できる「ユニバーサル兼傾斜天井用SGI形ダウンライト」1機種と、5機種の「シーリングダウンライト」、天井や壁面に取り付ける3機種の「ブラケット」の計9機種。いずれも、光源ユニットとして口金GX53用のLED照明ユニット「フラット形6.4W」を搭載している。

 LED照明ユニットは、直径90mm、厚さ38mmの厚い円板状のもの。それぞれ2種類の光色(電球色、昼白色)とビームの配光角(40度、100度)の計4種類があり、用途や好みに応じて任意のものを選ぶことが可能だ。消費電力6.4Wで直下照度は60W形の、全光束は30~40W形の白熱電球に相当する。光色・配光を変更したい場合は同ユニットだけを交換すればよい。仮にLEDが劣化したり故障した場合も、従来のLED照明のように器具全体を交換せずに済む。

 ユニバーサル兼傾斜天井用SGI形ダウンライトは、照射方向を回転角度310度、振り幅60度の範囲で調整できるのが特徴。埋め込み高が55mmと薄型のため、天井裏の高さが狭い個所にも設置できるとしている。価格は、同ダウンライトが1万8800円(税別)、小型シーリングが1万3800円(同)から、ブラケットが1万4800円(同)から。