PR
InfReC Thermo GEAR
InfReC Thermo GEAR

 G120/G100は、プラント設備の異常発熱個所の発見や構造物の劣化診断といった安全対策に加え、熱ロス診断や廃熱評価による二酸化炭素削減 /省エネルギ対策を想定して開発したもの。「さまざまなアングルで撮影しやすい本体形状」「広範囲の検査に有利な高精細画像」「光学的な望遠レンズへの対応」「高温測定への対応」「使い勝手に配慮した補助機能」「データ管理/レポートの作成機能の強化」を図った。

 例えば、真上から真下まで楽な姿勢で撮影するために、家庭向けビデオカメラような片手操作可能な回転モニタを採用している。2次電池を含めた質量は約800gで、同社従来品と比較して500g軽い。また、熱画像と200万画素可視カメラによる可視像を同時に記録し、そのデータを並列表示ほかさまざまな合成表示モードで表示できる。さらに、可視像を明るく撮影する発光ダイオード(LED)ライト、撮影個所を示すレーザポインタなど撮影補助機能も充実させた。騒音の大きな現場でも有効なバイブレーション・アラーム機能や、さまざまな解析やレポート作成に対応できる無償ソフトの添付など、使い勝手も重視している。G120には、大型のプラント設備や建築物・土木現場といった広範囲の測定に対応するため、「パノラマ熱画像撮影機能」も備えている。価格はG120が128万円(税別)、G100が98万円(同)。