PR
図●東芝ライテックのE17口金に対応したLED電球のサイズ
図●東芝ライテックのE17口金に対応したLED電球のサイズ

 東芝ライテックは「E-CORE(イー・コア)」LED電球シリーズに、E17口金の小型電球向け照明器具に対応するLED電球「ミニクリプトン形 3.4W」2機種を追加、2010年2月5日に発売する。E17口金の小型電球は、ダウンライトやスタンド、シーリング(天井に設置する照明器具)、ブラケット(壁面に設置する照明器具)など幅広い用途で使用されている。これらの代替市場を狙い、2010年度だけで合計100万個の販売を目指す。

 追加するのは、全光束が290lmの「昼白色相当」と同220lmの「電球色相当」の2機種で、消費電力は両方とも3.4W。高密度実装した新開発の専用LEDモジュールを搭載している。1灯当たりの電気代を同社製の一般電球(ミニクリプトン25W形)と比較した場合、新製品の定格寿命である2万時間で約8184円節約できるという。外径は43mmで全長が72mm(図)。希望小売価格は2機種とも4830円だ。

 なお、シャープとパナソニックもE17口金に対応するLED電球を既に発売している。3社の消費電力1Wに対する明るさ(全光束)を昼白色で比較すると、東芝ライテックが85.3lm/W、シャープが68.9lm/W、パナソニックが50.9lm/Wとなっている。