PR

建築研究所は当面、調査や試験、研究、開発などの事業について、規模を縮小しながら継続する――。村上周三理事長らの訴えが奏功し、「事業仕分け」で建築研究所はひとまず玉虫色の判定結果となった。ただし、将来は抜本的な見直しを迫られそうだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い