PR

唐の高僧・鑑真が759年に創建した唐招提寺(奈良市)の金堂では、1998年から2009年まで、解体を伴う大規模な修理を実施した。柱が内側に向かって傾斜するなどの変形が顕著だったからだ。現地調査や構造解析で変形の原因を突き止めて、古材をなるべく傷つけずに修理する。難題に挑んだ竹中工務店設計部プリンシパルエンジニアの長瀬正氏と課長代理の佐分利和宏氏にとって、10年がかりの「平成の大修理」は、ものづくりの面白さを改めて実感する日々だったという。唐招提寺金堂との「格闘」について、2人に聞いた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

新庄野球を支える日本ハムの新球場に潜入! 五輪後のスポーツ施設を展望
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中