PR

急激な変化に対する拒否反応か、期待を裏切られた失望感か――。発足からほぼ1年を迎えた民主政権の土木・建築政策について、ケンプラッツ読者にアンケートした結果、「不満」との回答が86.5%に及んだ。仕事への影響では、「マイナスになった」が69.6%を占める。土木・建築業界では、民主政権への不満が高まっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い