PR

東京・虎ノ門で、「幻のマッカーサー道路」の建設をきっかけに始まった大規模再開発が本格化する。東京都が施行し、森ビルが特定建築者として進める「環状第2号線新橋・虎ノ門地区市街地再開発事業III街区」のプロジェクトだ。道路上部に建築物の構築を認める「立体道路制度」を活用したのが特徴で、環状2号線と超高層ビルを一体で建設する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い