PR

 東日本大震災では、地震そのものによる家屋の倒壊や損傷に加えて、津波によって流失したり浸水したりした被害が多かった。

 これに対応するため損害保険各社は協議して、地震保険における津波による被害の認定基準を見直した。

 地震保険は、被害の程度を「全損」「半損」「一部損」の3段階で認定し、支払い金額を決める。 従来は、津波によって流失した床面積をこれらの認定基準にしていたが、この度の改正で浸水した高さを基準にすることとした。

 例えば全損は、鴨居や扉の上端に達する床上浸水、半損は床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水だ。

●地震保険の認定基準と支払い額(津波以外)
認定の種類 認定基準 支払い額
全損 (1)主要構造部*の損害の額が、その建物の時価の50%以上の場合 契約金額の100%(時価が限度)
(2)地震によって焼失または流出した部分の床面積が、その建物の延べ床面積の70%以上となった場合
半損 (1)主要構造部の損害の額が、その建物の時価の20%以上、50%未満となった場合 契約金額の50%(時価の50%が限度)
(2)地震によって焼失または流出した部分の床面積が、その建物の延べ床面積の20%以上、70%未満となった場合
一部損 (1)主要構造部の損害の額が、その建物の時価の3%以上20%未満となった場合 契約金額の5%(時価の5%が限度)
(2)床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水を受け、全損、半損にならない場合
*主要構造部とは、軸組、基礎、屋根、外壁など
(1)と(2)のどちらかの認定基準を満たせば保険金は支払われる(資料:日本損害保険協会の資料をもとに日経ホームビルダーが作成)

●津波で被害を受けた住宅の認定基準
全損 鴨居、長押、扉の上端に至る床上浸水の場合。一般的な建物では1.8m。また、平屋建ての場合は1m
半損 床上浸水、または地盤面から45cmを超える浸水の場合
一部損 基礎の高さ以上に浸水し、全損または半損に至らない場合
(資料:日本損害保険協会の資料をもとに日経ホームビルダーが作成)