PR

 10月27日にパシフィコ横浜で開かれた「Smart City Week 2011」の「未来都市計画会議」で、中国の最大手デベロッパー万科企業の趙漢昌氏が、同国の建築事情を明らかにした。同社の2010年度の売上高は約1080億元(約1兆3000億円)。10年前の約34億元から30倍を超える伸びを見せ、中国トップのデベロッパーに急成長した。同国の都市部の人口は2010年現在、約6億6600万人。さらに今後10年間は、年間1300万人以上の増加が見込まれる。年間4億m2以上の住宅が新たに必要となり、関連施設などを含む投資金額は年間6兆元(約70兆円)以上とみられる。建設ラッシュが続く同国だが、趙氏は品質確保に懸念があると指摘する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

さよならオフィス

さよならオフィス

オフィス不要論はウソ?ホント? 新型コロナで働く場所はどう変わる?

 誰も出社しないオフィスなんて、必要なのか。新型コロナで働き方が一変し、「オフィス不要論」も飛び出した。ジョブ型雇用って何? オフィスの価値って何? 10の疑問を徹底取材し、働き方ニューノーマルを解き明かす。

『さよならオフィス』の詳細はこちら

10/12~23開催「日経クロステック EXPO 2020」事前登録開始!

10/12~23開催「日経クロステック EXPO 2020」事前登録開始!

社会、産業、生活の"ニューノーマル”に迫る

「日経クロステック EXPO 2020」はオンライン開催。ウィズコロナ時代のデジタル変革、働き方・組織のニューノーマルといった観点を中心に、様々な講演、ソリューション紹介を展開します。人工知能、5G/IoT、ブロックチェーンといった技術キーワード、テーマについても、例年以上にパワーアップしたコンテンツをお届けいたします。

事前登録はこちら

東京大改造マップ開発プロジェクトデータ集2020年版

東京大改造マップ開発プロジェクトデータ集2020年版

東京五輪後を見据えた首都の大改造を先読みする竣工予報データの最新版!

東京23区内および横浜市で進行中の大規模開発プロジェクト(延べ面積1万平米以上)354件の詳細データを収録。いつ、どこで、どんな開発が行われるかをExcelのデータで自在に検索できます。

詳細はこちら

東京大改造マップ2020-20XX

東京大改造マップ2020-20XX

23区・横浜で進む大規模開発を網羅、総数354件!

東京五輪を機とした様々なインフラの整備、国の中枢として避けることのできない国際的な都市間競争への対応、その先に求められる成熟のために急ピッチで進む東京の都市改造をレポートする好評シリーズの第7弾。

詳細はこちら