PR

東京農業大学の林隆久教授(応用生物科学部バイオサイエンス学科)は2月1日、福島県南相馬市、相馬市、新地町にある森林から採取した樹木の、放射性セシウム濃度の測定結果を発表した。林氏は、放射性セシウムが樹皮にとどまらず材の内部にも高濃度で浸透していると説明。測定した中で最も高かったのは南相馬市高倉のスギで、一番外側の年輪部分が1kg当たり5430ベクレル、材内部の平均が2300ベクレルだった。  

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)