PR

 東京都世田谷区に国士舘大学創立100周年記念事業の一環として、「こころとからだを育てる」をコンセプトに新体育館を整備する。体育館前に設置した広場の地下やその上空を最大限に活用し、温水プールやフィットネスセンター、アリーナ、柔・剣道場などのスポーツ施設のほか、理工学部系の教室や実習室などを配置している。

 新体育館は地上5階、地下3階建てで、延べ床面積は約1万3000m2だ。静寂を求める教室などの施設と音や振動の出るスポーツ系施設を一つの建物に集約するため、施設配置のほか、防音や振動対策に配慮した。理工学部系の教室は機械工学系の実験などの騒音を考慮し、建物南側の「キャンパス広場」の地下に設置。スポーツ系の施設はコアを挟んで北側に配置する。キャンパス広場の上空は柱のないキャンティとし、多目的フロアや会議室を設けている。1階には憩いの場としての学生ラウンジを配置し、さまざまな目的で施設を利用する学生同士のコミュニケーションの場を目指している。

国士舘大学世田谷キャンパス第2体育館
国士舘大学世田谷キャンパス第2体育館

国士舘大学世田谷キャンパス第2体育館の施設構成
国士舘大学世田谷キャンパス第2体育館の施設構成

  • 所在地:東京都世田谷区若林4-32-5
  • 発注者、事業者:国士舘
  •  
  • 設計者:久米設計
  •  
  • 施工者:鹿島
  •  
  • 竣工時期:2012年10月
  •  
  • オープン時期:2012年10月
  •  
  • 主構造:RC造、SRC造、S造
  •  
  • 階数:地下3階・地上5階
  •  
  • 延べ床面積:1万3113.09m2

※各項目は2011年12月に日経アーキテクチュアが実施した調査時の情報に基づく
※プロジェクト名は仮称、略称を含む
※「─」は未定または非公表を表す
※施工者は原則、建築のみ表記
※竣工、オープン時期は予定を含む
※資料、写真は特記なき限り設計者もしくは施工者の提供