PR

建築士資格制度の根幹を揺るがす事件だ。国土交通省は7月11日、三重、新潟、大阪の3府県で、男性3人が一級建築士免許証の写しを偽造し、一級建築士になりすまして業務をしたり、建築士事務所を開設したりしていたと発表した。3府県のほかにも、神奈川県でも、二級建築士が一級建築士になりすまして設計業務をしていたと疑われる事案が報告されており、同省は全国調査に乗り出した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い