PR

 東京都葛飾区に東京理科大学の新キャンパスを整備する。5棟の校舎棟と体育館棟、図書館・集会場棟を建設する。隣接する公園と一体化した「パーク型キャンパス」をコンセプトに、誰もが自由にキャンパス内を散策でき、地域住民や学生が触れ合い、憩う空間を目指している。

 キャンパスの中央部を東西に貫く遊歩道「キャンパスモール」には高木を列植。エントランス広場側から並木の先に図書館・集会場棟が見える象徴的な空間を目指した。キャンパスモールを介して敷地の南と北側にある公園をつなぐ通路「ガーデンパス」を設けている。敷地の境界にフェンスなどの囲いを設けず、公園とキャンパスを緑豊かな歩行者空間でつなげる。キャンパスモールに面して各棟に配置したラウンジ空間や図書館・集会場棟は地域住民の交流スペースともなる。

 図書館・集会場棟を囲むように水盤を設置する。図書館の屋根に降る雨水を貯留し、水盤の補給水として再利用する計画だ。敷地南側の公園や川沿いに吹く卓越風をキャンパス各棟の階段室から逃がすルートを確保し、水平方向の自然換気と重力換気を併用するなど、自然エネルギーの利用を促進している。

東京理科大学 葛飾キャンパス
東京理科大学 葛飾キャンパス

  • 所在地:東京都葛飾区新宿6-3602-3
  •  
  • 発注者、事業者:東京理科大学
  •  
  • 設計者:日建設計
  •  
  • 施工者:AC棟/鹿島 B棟、F棟、F'棟、D棟、体育館棟/大成建設 図書館・集会場棟/竹中工務店
  •  
  • 竣工時期:2012年12月 (図書館・集会場棟先行竣工)
  •  
  • オープン時期:2013年4月
  •  
  • 主構造:SRC、RC、一部S造
  •  
  • 階数: AC棟 /11階 B棟/7階 D棟/6階 F棟/4階 F'棟/2階 体育館棟/6階 図書館・集会場棟/5階
  •  
  • 延べ床面積:9万500m2

  • ※各項目は2011年12月に日経アーキテクチュアが実施した調査時の情報に基づく
  • ※プロジェクト名は仮称、略称を含む
  • ※「─」は未定または非公表を表す
  • ※施工者は原則、建築のみ表記
  • ※竣工、オープン時期は予定を含む
  • ※資料、写真は特記なき限り設計者もしくは施工者の提供