PR

東日本大震災をきっかけに、160カ所を超す『構造スリット』の瑕疵が発覚した分譲マンションの対応をリポートするシリーズの第2弾。元施工ゼネコンと現場でひざを突き合わせて補修に携わった一級建築士の都甲栄充氏が報告する。今回は、代表的な部位別の瑕疵について、どう補修したか。さらに都甲氏は、なぜこれほど多く生じてしまったのかに言及。構造スリットの施工は極めて難しく、首都直下地震や南海トラフ地震など、巨大地震が発生すれば同様の被害が多数発生すると警告する。

この記事は有料会員限定です

【春割開始】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料