PR

三重県伊賀市は11月27日、新庁舎の設計を委託していた日建設計名古屋オフィスとの契約を解除したと発表した。日建設計は、既存市庁舎などを解体して建て替える方向で設計を進めていた。既存の伊賀市南庁舎や北庁舎、隣接する中央公民館は、故・坂倉準三氏(1901~69)が設計し、1960年代に完成。文化的な価値を訴えて保存・活用運動が起こっていた。保存派の中心人物だった岡本栄氏が11月11日の伊賀市長選挙で当選したことを受け、これまで進んでいた新庁舎建設計画は白紙に戻った格好だ。

この記事は有料会員限定です

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中