PR

耐震性が低く、取り壊さざるを得ない賃貸住宅で、賃貸借契約の更新を拒絶することには正当事由がある――。都市再生機構(以下、UR)が、耐震強度不足を理由に取り壊しを決めた賃貸住宅をめぐり、入居者7世帯を相手取って建物の明け渡しを請求していた訴訟で、東京地裁は3月28日、このような判断を示した。そのうえでURの主張を全面的に認め、入居者に退去を命じた。耐震性を理由とする建物の明け渡し訴訟で、賃貸人側が勝訴する事例は極めて珍しい。

この記事は有料会員限定です

「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)