PR

リフォーム大手のOKUTA(オクタ)は、さいたま市見沼区の物流センター内に新聞紙を原料としたセルローズファイバー断熱材製造プラントを設置、本格生産を開始した。従来は山口県のメーカーから購入していたが、自社生産に切り替えるとともに関東周辺の工務店への販売を開始する。地域の新聞紙を使った地産地消の実現で、コストを2割程度下げ、輸送距離の短縮によるCO2排出の削減にも寄与していく。

この記事は有料会員限定です

「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)