PR

 地震時に危険度の高い地域は、荒川や隅田川沿いの一帯に分布――。東京都は9月17日、「地域危険度測定調査」を発表した。この調査は都内を町・丁目単位で5133の地区に分け、地震に対する建物倒壊や火災などについて5段階で評価するもの。1975年から概ね5年ごとに実施しており、7回目となる。東日本大震災以降では初となる。今回は、液状化の予測を最新情報に改めたうえで、災害時の活動のしにくさを表す指標(災害時活動困難度)も新たに導入して総合危険度を調べた。

災害時活動困難度を考慮した総合危険度ランク(資料:東京都)
災害時活動困難度を考慮した総合危険度ランク(資料:東京都)

 同調査は、街の被災可能性を地域間で比較するために、特定の震源ではなく、それぞれの地区で同一の地震動を与えた場合を想定している。具体的には、地震動の大きさをN値50以上の地盤である工学的基盤に対し、30カインとした。これは地盤特性によって異なるが、地表面では震度5強から6強の強さに相当する。また時間帯については、地震時に起こる火災が最も危険な状況となる冬季の夕方とした。

 評価は、建物倒壊危険度、火災危険度、災害時活動困難度を考慮した総合危険度といった指標で示した。危険度が最も高いランク5に相当するのは84地区あった。