PR

地下の下水道施設と超高層合築、約3.5haの空地

 「芝浦水再生センター再構築に伴う上部利用事業(仮称)」は、芝浦水再生センター敷地内の一部を30年の普通借地契約で東京都から借り受け、東京都が地下に再構築する下水道施設の上部に、合築のかたちでオフィスビルを建設する。また、周辺環境との調和を図るため、緑や水景施設を整備した約3.5haのオープンスペースをつくる。

位置図(資料:NTT都市開発)
位置図(資料:NTT都市開発)

全体イメージ(資料:NTT都市開発)
全体イメージ(資料:NTT都市開発)

 オフィスビルは1フロア1500坪の広さで、入居者のニーズに応じて自由なレイアウトが可能。1~3階にはバラエティに富んだ飲食店舗やビジネスコンビニを誘致する予定。3階には講演会や展示会、ワークショップなどを開催できるギャラリーやコミュニティホールを設置する。

 LED照明や高性能Low-E複層ガラスなどを採用し、光・風・水の自然エネルギーを効率よく活用する省エネルギーシステムを積極的に導入する。東京都建築物環境計画書において、建築物の熱負荷の低減率(PAL低減率)や設備システム全体のエネルギー利用の低減率(ERR)で、いずれも最高ランクのAAA(段階3)評価を得た。また、CASBEE最高評価Sランクも取得予定だ。