PR

旧館はチューダー様式の外観

 旧館は、旧李王家東京邸とも呼ばれる。外観は英国のチューダー様式を基調とする。車寄せの開口部や階段室にあるステンドグラスの窓上部に、半円を少し押し潰したような形の特徴的なアーチが見られる。木造の小屋組みに支えられた屋根はスレートぶきで、急勾配の大きな寄棟に屋根窓や塔屋を組み合わせる。

 一方、内装はねじり柱や網代(あじろ)天井など、多様なデザインが混在する。1階に来客用の広間や大食堂を配置。2階には寝室などのプライベートな部屋が設けられていた。

曳き家工事前の旧館の外観(写真:西武プロパティーズ)
曳き家工事前の旧館の外観(写真:西武プロパティーズ)

旧館1階の広間(写真:西武プロパティーズ)
旧館1階の広間(写真:西武プロパティーズ)

旧館1階の大食堂(写真:西武プロパティーズ)
旧館1階の大食堂(写真:西武プロパティーズ)

旧館2階の寝室(写真:西武プロパティーズ)
旧館2階の寝室(写真:西武プロパティーズ)

ステンドグラスが組み込まれた旧館の大階段室(写真:西武プロパティーズ)
ステンドグラスが組み込まれた旧館の大階段室(写真:西武プロパティーズ)

旧赤坂プリンスホテルで開かれたガーデンパーティーの様子。65年に撮影(写真:西武プロパティーズ)
旧赤坂プリンスホテルで開かれたガーデンパーティーの様子。65年に撮影(写真:西武プロパティーズ)

55年にホテルが開業した当時に使われていた旧館内の客室(写真:西武プロパティーズ)
55年にホテルが開業した当時に使われていた旧館内の客室(写真:西武プロパティーズ)