読売新聞ビル竣工、大手町エリア最高の200m

 大震災が起きても新聞発行が続けられるよう、9~11階は特に耐震性を高めたという。ほかのフロアに比べて窓が少なく、面積が広い壁を全面、粘性体制振壁とした。粘性体制振壁はほかのフロアではエレベーター側にのみ採用するなどしている(写真:赤坂 麻実)
大震災が起きても新聞発行が続けられるよう、9~11階は特に耐震性を高めたという。ほかのフロアに比べて窓が少なく、面積が広い壁を全面、粘性体制振壁とした。粘性体制振壁はほかのフロアではエレベーター側にのみ採用するなどしている(写真:赤坂 麻実)

カーソルキー(←/→)でも操作できます