PR

 経営難に苦しむ中小ホテルが多いなか、2006年のオープンから常に9割以上という高稼働率を維持しているホテルがある。それがフレンドステージ(埼玉県上尾市)が運営する「渋谷グランベルホテル」(客室数105)、「赤坂グランベルホテル」(客室数61)だ。

 その「グランベル」ブランドが客室数を380と一気に増やし、副都心線が開通して活況を呈している東新宿エリアに2013年12月18日、旗艦ホテル「新宿グランベルホテル」をオープンさせる。

 同ホテルのコンセプトは「アジアのNEXT ARTIST×HOTEL」。日本の中で最もアジア文化を感じる新宿・歌舞伎町らしいスタイルと「HIP」「エッジ」「官能的」をキーワードにしたデザインで、ホテル滞在を楽しめる「FUN to STAY」を目指しているという。「アジアの若いクリエイターたちを迎え、コラボレートすることで都市型ビジネスホテルの一歩先を行く、“クリエイティブホテル” という新ジャンルを切り拓きたい」(同社)。

 投資額は約85億円。初期の目標稼働率は75%と、同ブランドにしてはやや低めに設定している。デザインを売りにしたホテルとしては部屋数がかなり多いが、いったいどのような戦略で攻めるのか。

「新宿グランベルホテル」:住所/東京都新宿区歌舞伎町2-14-5、東京メトロ・都営地下鉄「東新宿」駅徒歩4分、「新宿三丁目」駅徒歩7分、JR「新宿」・西武新宿線「西武新宿」駅徒歩10分。韓流ファンで賑わう新大久保エリアも徒歩圏内。飲食店が多い歌舞伎町エリア、オフィスが集中する西口エリア、百貨店、専門店など数多くの商業施設で賑わう東口エリアも商圏という好立地だ
「新宿グランベルホテル」:住所/東京都新宿区歌舞伎町2-14-5、東京メトロ・都営地下鉄「東新宿」駅徒歩4分、「新宿三丁目」駅徒歩7分、JR「新宿」・西武新宿線「西武新宿」駅徒歩10分。韓流ファンで賑わう新大久保エリアも徒歩圏内。飲食店が多い歌舞伎町エリア、オフィスが集中する西口エリア、百貨店、専門店など数多くの商業施設で賑わう東口エリアも商圏という好立地だ

エントランスまわりのガーデンテラスは、ランドスケープデザイナーの瀬島龍也氏と照明デザイナーの武石正宣氏によるもの。リゾート風のソファは1階にあるカフェのテラス席
エントランスまわりのガーデンテラスは、ランドスケープデザイナーの瀬島龍也氏と照明デザイナーの武石正宣氏によるもの。リゾート風のソファは1階にあるカフェのテラス席
エントランスまわりのガーデンテラスは、ランドスケープデザイナーの瀬島龍也氏と照明デザイナーの武石正宣氏によるもの。リゾート風のソファは1階にあるカフェのテラス席

ガーデンテラスの完成予想パース。都会のオアシスを連想させるスペースとなる予定だ
ガーデンテラスの完成予想パース。都会のオアシスを連想させるスペースとなる予定だ

エントランスを入ると左側がカフェ「live cafe G」、右側がロビーラウンジ。 ロビーラウンジの奥にエレベーターや自販機コーナーがある
エントランスを入ると左側がカフェ「live cafe G」、右側がロビーラウンジ。 ロビーラウンジの奥にエレベーターや自販機コーナーがある
1階のラウンジ奥にアートラウンジを設置。期間限定の企画展示を開催し、アジアの注目されるアーティストによるアートを発信していくという。まずはオープニング企画として、韓国出身の現代アート作家、Soyoung Chungの作品を展示する
1階のラウンジ奥にアートラウンジを設置。期間限定の企画展示を開催し、アジアの注目されるアーティストによるアートを発信していくという。まずはオープニング企画として、韓国出身の現代アート作家、Soyoung Chungの作品を展示する

同じタイプの部屋でも「オモテ」と「ウラ」が選べる!?

(日経トレンディネットのページになります)