PR

東京都文京区は2014年度から、危険な空き家の解体推進策を導入する。十分な維持管理がなされておらず、危険な状態にあると区が判断した空き家について、所有者が負担した解体費用を区が助成。跡地を区が借り受ける。公共目的で利用すれば、所有者は固定資産税が減免される。解体費用と固定資産税の負担を軽減されることで、老朽建物の解体に踏み切る所有者が増えると区はみている。

この記事は有料会員限定です

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中