首都圏豪雪、屋根崩落が続出した理由

 2月14日~15日に被害を受けた主な大規模施設。基準積雪量はそれぞれの特定行政庁が定めた垂直積雪量の値で、積雪量は被害を受けた施設周辺の実測値(資料:取材をもとに日経アーキテクチュアが作成。積雪量の出典は※1が気象庁、※2が埼玉県、※3が大和市、※4が八王子市)
2月14日~15日に被害を受けた主な大規模施設。基準積雪量はそれぞれの特定行政庁が定めた垂直積雪量の値で、積雪量は被害を受けた施設周辺の実測値(資料:取材をもとに日経アーキテクチュアが作成。積雪量の出典は※1が気象庁、※2が埼玉県、※3が大和市、※4が八王子市)

カーソルキー(←/→)でも操作できます