PR

東日本大震災の被災地で資材や職人の不足にどう対応するか、識者や実務者の声を3回にわたって紹介するシリーズの最終回。大工や内装工といった職人を積極的に社員にして、ポンプ車やクレーン車を購入するなど設備投資に力を入れている工務店を紹介する。東松島市の花坂ハウス工業だ。時代に逆行するともとれる拡大路線を進める理由を、専務取締役の花坂雅之さんに聞いた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料