PR

国土交通省は3月12日、2月中旬の大雪による建築物被害の原因分析と設計基準の改正の必要性を議論する「建築物雪害対策ワーキンググループ(WG)」の初会合を開いた。国交省の調査によって、事故の具体的な被害状況が明らかになってきた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料