PR

1次審査を通過した他の提案

 ここからは、前ページで紹介した坂茂建築設計以外の1次審査通過者の提案について紹介していこう。

マウントフジアーキテクツスタジオ一級建築士事務所

 マウントフジアーキテクツスタジオ一級建築士事務所の提案は、富士山の特徴的な幾何形体であるカテナリー曲線(懸垂曲線)を用いた屋根が特徴。地上階を大きく取って、カテナリー曲線からなる4列の大屋根を連ねて覆うというもの。審査委員会は「大胆な挑戦であり、実現すれば非常に新しい建築になる」と評価した。

マウントフジアーキテクツスタジオの提案。内観パース(資料:マウントフジアーキテクツスタジオ一級建築士事務所)
マウントフジアーキテクツスタジオの提案。内観パース(資料:マウントフジアーキテクツスタジオ一級建築士事務所)

 外観パースなどの詳細は、静岡県のウェブサイトに掲載している「富士山世界遺産センター(仮称)建築工事設計業務公募型プロポーザル第2次審査提案書(株式会社マウントフジアーキテクツスタジオ一級建築士事務所)」を参照。