PR

山手線が1日以上止まる?

 埼京線のホームの移設工事などでは、隣接する山手線の運転を1日以上止めなければならない可能性もある。JR東日本では「今後、安全性や利便性を考えた施工方法の検討を進めていく」と説明している。ホームの完成時期は未定という。

山手線内回りホームから東側を見る。現在は線路となっている部分に埼京線のホームが移る。線路の上に架かるのは、山手線ホームと埼京線ホームとを結ぶ連絡通路。写真左奥は解体が進む東急東横線の旧渋谷駅。2014年4月に撮影(写真:ケンプラッツ)
山手線内回りホームから東側を見る。現在は線路となっている部分に埼京線のホームが移る。線路の上に架かるのは、山手線ホームと埼京線ホームとを結ぶ連絡通路。写真左奥は解体が進む東急東横線の旧渋谷駅。2014年4月に撮影(写真:ケンプラッツ)

 渋谷駅の真上には、ホームをまたぐように地上46階建ての東棟をはじめとする計3棟のビルを27年度までに建設する計画も進んでいる。事業主体は東急電鉄とJR東日本、東京メトロ。設計は日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本建築設計事務所、メトロ開発の4社で構成する渋谷駅周辺整備計画共同企業体が担う。

渋谷駅の上に建設する3棟のイメージを北側から見る。最も高い東棟は高さ約230mで、2020年の完成を見込む。中央棟と西棟は27年に完成する予定(資料:東急電鉄)
渋谷駅の上に建設する3棟のイメージを北側から見る。最も高い東棟は高さ約230mで、2020年の完成を見込む。中央棟と西棟は27年に完成する予定(資料:東急電鉄)