PR

60代後半の夫婦のために設計された「aoihana」は、三重県桑名市の郊外に建つ木造平屋の住宅だ。地場のスギ集成材を仕上げ材や家具に取り入れている。設計者の伊藤孝紀氏(TYPE A/B代表、名古屋工業大学大学院准教授)は、スギ集成材を選択した理由について「この住宅は手すりなど素手でつかむ部位が多い。そのため、手が触れることを意識して、柔らかく手触りのよいスギを選んだ。収納の扉などでは、木材の色目の違いから生じるストライプ模様を意匠に生かすことを意図した」と説明する。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料