PR

 廃校となった県立高校の体育館2棟と校舎の一部を改修した富山県氷見市の新市庁舎で、5月7日から業務が始まった。広い空間を生かし、市民がよく使う窓口を集めてワンストップで手続きできるサービスを実現した。

 2棟の体育館はそれぞれ2階建て。旧第2体育館の1階、面積約1450m2のワンフロアには、市民の利用頻度が高い福祉介護、子育て支援、税務、市民の4課を配置した。旧庁舎ではこれらの課が分散していたので、再編・集約して利便性を高めた。1階にはほかに地域協働スペースとなる多目的会議室や、福祉・介護の相談を受ける相談室など、市民が利用する機能を集めた。2階は第2体育館側に市長室や総合政策課などの機能を、第1体育館側には議会機能を集約した。

旧有磯高等学校の体育館を改修した氷見新庁舎(写真:氷見市)
旧有磯高等学校の体育館を改修した氷見新庁舎(写真:氷見市)
1階の総合案内。同フロアに市民課や税務課など利用頻度の高い4課を集約した(写真:氷見市)
1階の総合案内。同フロアに市民課や税務課など利用頻度の高い4課を集約した(写真:氷見市)

 体育館ならではの大空間の課題は、設計上の工夫で解決を図った。設計・監理を担当したのは、山下設計と氷見市内の浅地建築設計事務所の設計共同企業体。2012年の公募型プロポーザルで、天井高が9mを超す旧第2体育館の2階に船底状の曲面天井を設け、自然光を採り入れながら空調の負荷を抑える計画を提案した。市はこのアイデアを高く評価し、設計者に選定した。

2階の執務スペース。窓がある壁面から不燃ビニール製の曲面天井を吊り下げることで、気積を抑えながら採光を確保する(写真:氷見市)
2階の執務スペース。窓がある壁面から不燃ビニール製の曲面天井を吊り下げることで、気積を抑えながら採光を確保する(写真:氷見市)