PR

2020年東京オリンピックのために整備する主要な施設を木でつくろう──。そんな展覧会が9月5日から東京・南青山のスパイラルガーデンで始まった。展覧会のタイトルは「Timberize TOKYO 2020~都市木造が、2020年の東京を未来へつなげる。」だ。会場には「これならできるかも」と思える木の競技施設や選手村施設の提案模型がずらりと並ぶ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い