川崎市は、5月に発生した簡易宿泊所2棟の火災を受けて実施した立ち入り検査の結果を明らかにした。検査対象となった簡易宿泊所49棟のうち、木造21棟と鉄骨造3棟の計24棟が建築基準法に違反、防火対策に問題があることが明らかになった。

この記事は有料会員限定です

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料