PR

 都市計画家。1934年東京帝国大学工学部建築学科卒業、同大学助手となる。1938年助教授。1947年に結成された新日本建築家集団(NAU)初代の中央委員長。1949年から教授を務める。1961年東京工業大学教授を併任。1962年同大学工学部都市工学科を設立。1965~66年日本建築学会会長。1971年東京大学退官。都市計画中央審議会委員、国土総合開発審議会委員などを歴任。1978年日本地域開発センター理事長。建築分野における最初期の都市計画学者として、研究の体系化を先導。高蔵寺ニュータウンや筑波ニュータウンなどの重要な計画を指導し、東京オリンピック、大阪万博、沖縄海洋博などのナショナル・イヴェントの総合基本計画をまとめた。