PR
タイトル

地球温暖化対策のニーズの高まりを受けて、環境にやさしい建材・設備が数多くラインアップされています。設置に際し、国や自治体から補助金がつく製品も少なくありません。2009年4月には省エネ法も改正されます。建材・設備ガイドの会員によるエコ建材・設備に関する情報や意見です。


#0501 山川 兼司さん

参考になった1人 ならなかった0人 2009/04/15 09:24:04 投稿

本日(4/15)のNHKニュースで、「省エネ法施行」に向けてというテーマの番組を見た。法律の内容が、「施行後の報告義務」が付加されることを念頭に、さまざまなメーカー、エンドユーザーは、「今後の切り口」を模索している。たとえば、従来の蛍光灯よりも40%の電力削減を行えるが、初期投資が、従来機器の4~10倍のコストが難点であることなど。いずれにしても時代は、LEDなどCO2削減に向けての対策を考えるようになっている。現時点での「省エネ」の取り組みは、なにがなんでもLED一本でということでない。LEDはオールマイティーではなく、コスト、演色性では従来光源に及ばないところは、途上であるとして、メーカー的見地からLEDの良いところは、LEDをお勧めする「適光、適所」のスタンスをとることが、好ましいと推察する。LEDに関して一般のマジョリティーに最低限理解してもらうこと。
LEDは直流で点灯している(東芝では従来器具でもそのまま使える内蔵直流電気変換装置が具備されているものを「商品化」しようとしている)。LEDでしかできない照明器具、その事例(陳列ショーケース、屋外照明、防犯、ランプ交換しにくい場所での器具例、LED調光器など)。さまざまなことを啓蒙していかねばならない。従来の光源では、「ランプ交換」が容易にできないところ、または、ランプ本体の交換が、設計者の意図どおりに実務者が適切に維持管理できない現状があります。「建築家」がデザインした斬新なマンション屋外照明やエントランスホールのような独自色を打ち出したデザインに対して、通常の光源では、1~2年でランプ交換が伴ってくるのだが、その作業を難儀にしているデザイン・設計、施工が圧倒的に多い。また従来の蛍光灯・白色灯の寿命経年変化による色温度(光色)が変化し、切れたランプだけ交換すると全体の「色演出」が初期のデザイナーの意図したものと異なる(つまり光色の異なったランプの点灯するため)。しかし、LEDにすれば、約10年間は、色温度の変化もなく建築家のデザインされた意図演出効果をほぼ維持することが可能となる。


#0361 田中 幹也さん

参考になった3人 ならなかった0人 2009/03/12 20:12:05 投稿

便器の梱包材で使われているのは再生材であるが、資源ごみにはならない。また、パレット上にグルグル巻きされているラップも使い捨てになる。システムバスのように、梱包材は運送業者に持ち帰ってもらえるといい。また、段ボール梱包は繰り返し使用できるとか、小物はストッカーで荷受けし、中身だけ受け取るとか…。工場同士を行き来する通函のようなものにすれば、無駄に梱包材を発生させないのではないだろうか。


#0488 美鬚公さん

参考になった2人 ならなかった0人 2009/02/25 08:42:28 投稿

様々な分野で、様々な製品が「エコ」と称して販売されている。木製品の再利用のように、本来は焼却廃棄されるべきものを、違う用途にて長期間使用するなどは、確かにエコだなと感じさせられる。しかしながら、家電製品の多くは「使用中のCO2排出量が…」とか、「使用電気量が…」などを宣伝文句にしているが、果たして本当にそれらの製品が「エコ」と呼べるのか甚だ疑問である。使用中は確かに「エコ」なのであろうが、それにいたる製造過程や、使用後の処理などについては、一般の人は全く知ることができない。製造過程や、使用後の処理までを含めて「エコ」というものを考えるべきではないだろうか?


#0295 野末 英介さん

参考になった6人 ならなかった0人 2009/02/11 10:04:05 投稿

昨年から取り扱い始めた「雨水タンク」を紹介します。富山は、立山連峰があるおかげで、夏場の水不足ということにはならない地域ではありますが、だからといって無駄にできない貴重な資源「水」に注目してみました。写真にある雨水タンクは、実際に使われていたウィスキー樽のリメイク雨水タンクです。どんぐりから数えて200歳の、貴重なオーク樽です。
事務所の前に設置して(180リットルタイプのタンクに愛知万博/サツキとメイの家の井戸ポンプ付き)、雨樋から雨水を取り込んでいます。貯まった雨水は、家庭菜園や車の洗車、打ち水などに利用しています。都市部に設置すれば、最近多いゲリラ豪雨の一時貯水タンクにもなるので、富山でも広めていきたいです。価格等はお問い合わせください。富山県内はもちろん、近県でも行ける所は設置に行きますよ。


#0336 結維さん

参考になった1人 ならなかった1人 2009/01/20 11:08:30 投稿

チャフローズコーポレーションの「チャフウォール」
ローラー塗・左官両方に使えます。お客様でも施工できる手軽さで、消臭・除菌・湿度調整を行える製品としては最高ではないでしょうか…。色も自然色なので、濃い色などはないですが、ある程度選べますし、廃棄処分するはずのホタテ貝を原料に使っているので、環境にも優しいと思います。ホタテ貝には、強い抗菌・消臭作用があるらしく、水虫まで治ってしまうそうです。もちろん、当社のお客様で室内で大型犬を飼っているお宅にお客様が来ても、動物臭があまりしないと言われてるそうです。
個人的に女性の立場で気に入っているのは、珪藻土と違い、手で触ってもつかない、壁に寄り掛かっても大丈夫な所と、固く絞った雑巾でふき掃除ができるお掃除の手軽さは、当社のお客様にもとても好評です。エコ製品は現在いろいろ出ていますが、これから選ぶ基準として、一般の方でも管理・補修ができる製品が求められてくるのではないかと思っています。


#0487 しんさんさん

参考になった3人 ならなかった0人 2009/01/20 07:47:37 投稿

住宅のエコ。テーマの一つは、断熱性の向上だと思います。様々な断熱・遮熱の製品が出ています。これらの製品を製造、運搬する上でのエネルギーもしっかり考えて使うようにしないと、結果的にエコになっていないように思います。また、使用する時だけでなく、数十年先、リフォームや建て替えの際に、入れ替え処分することも考えて、処理しやすい製品を選択する必要もあると感じています。正直、なかなか全てを実施できていないのが現状ですが、特に処理に困るような製品は使いたくないと思って、設計をしています。