PR
タイトル

防火シャッター、温水洗浄便座、給湯器――。最近、製品に不具合があったことを公表する建材・設備メーカーが目立っています。この問題の対処方法に関する、建材・設備ガイド会員の意見です。メーカー・販売店など関係者の方からの情報も受け付けました。(画像:経済産業省)


#0279 YUKEGさん

参考になった0人 ならなかった0人 2009/06/16 13:08:46 投稿

ネガティブな情報を積極的に公開する企業は、結局信頼されます。当たり前のように「偽装」が繰返される昨今の企業モラルの低下の中で、このような会社の製品は、優先して採用したいと思います。


#0345 mark541さん

参考になった4人 ならなかった1人 2009/04/14 08:58:33 投稿

建材ではないが、家庭用「洗濯機」のことを思いだしたので、投稿したい。家内が洗濯をすると、洗濯機の中から“砂”が出てくる。何で砂が出るのか意味不明で、メーカーに問い合わせ、修理メンテ担当が6ヶ月の間に、4回も来たが、原因不明。洗剤が悪いとか、洗い方が悪いとか、本末転倒な理由を言って帰っていく。メーカーは当時の「松下」さん。
昨日、再度洗濯に挑戦したが、やはり砂が出る。再度来てもらい、見てもらったが、来る度に担当者が変わる。依頼内容も依頼した調査も何も、来た担当者には伝わっていないし、担当者は入社2年目。話が伝わっていないとはどういうことだろうか?工具も持参せずに来て、あいさつもせず、約束の時間も守らず、原因の追究もせず、主の私がものを言ったら、「交換する」という。いつ交換するのか、どうするのか、を何も言わずに帰っていった。メーカーの名前にあぐらを書いていると足元をすくわれると思うのだが、読者はこの話をどう思われるか…。洗剤も洗い方もメーカーの指示通りにしていることは保証できるが、洗濯槽内部のことまではメーカを信頼するしかないと思うのだが。ちなみに、家には2台の洗濯機があるが、1台が故障していると緊急の洗濯ができずに困っている。


#0361 田中 幹也さん

参考になった5人 ならなかった0人 2009/02/18 21:03:09 投稿

公表はしていないが、保証期間を過ぎているのに、アフターを依頼すると無償というケースがよくある。頻繁に不具合が出ている機種で、リコールとまではいかないが、メーカーの内規として無償修理されている場合だ。「無償」はユーザーにとっては良いことかもしれないが、依頼者側の知識として、その理由を理解すべきだと思う。
私も、IHヒーターを無償修理された案件で、その原因を調べたことがある。製造時の問題、ユーザーの使い勝手、取扱説明の不備など、あらゆる面でのケースが見えてきてとても勉強になった。