PR

 住宅版エコポイントで発行されるポイント数は下表の通りです。

国土交通省の資料を基にケンプラッツ編集部が加工
*基礎断熱の場合は<こちら>を参照
国土交通省の資料を基にケンプラッツ編集部が加工

新築の方

 一戸当たり一律30万ポイントです(太陽熱利用システムを設置した場合は、32万ポイント)。住宅の大きさ、価格とポイント数は関係ありません。 また、太陽熱利用システム設置のポイントは2011年1月1日以降の着工・着手に適用されます。

リフォームの方

 一戸当たり最大で30万ポイントです。上表のように、窓の面積、外壁、屋根・天井、床の部位別、バリアフリー改修の個所によってポイント数に差をつけています。バリアフリー改修および住宅設備の設置は、窓または外壁、屋根・天井・床(基礎)の断熱改修を行った場合のみ、併せてポイントが加算されます。また、「住宅設備の設置」(太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽)のポイントは2011年1月1日以降の着工・着手に適用されます。

 窓は、サイズを大・中・小の3段階に分類してポイントに差をつけています。例えば、「小」のサイズの窓の場合、内窓設置と外窓交換は7000ポイント、ガラス交換は1カ所当たり2000ポイントとなります。一つの窓に「小」に相当するサイズのガラスが2枚あり、両方とも交換すれば4000ポイントもらえます。

●窓のポイント数のイメージ(小:0.2m2〜1.6m2を例に)
国土交通省の資料を基に日経ホームビルダー編集部が加工


 外壁、屋根・天井、床の断熱改修については、それぞれ、10万ポイント、3万ポイント、5万ポイントとなっています。集合住宅などで、建物の外部と接していない部分は対象となりません。

●外壁、屋根・天井、床のポイント数のイメージ(共同住宅)
国土交通省の資料を基に日経ホームビルダー編集部が加工


 バリアフリー改修は、ポイント対象となる「手すりの設置」「段差解消」「廊下幅などの拡張」について、それぞれ工事個所区分を設定してポイントをつけています。同じ区分の場所では、何カ所工事をしてもポイント数は同じです。例えば「浴室の手すり」を1カ所設置しても2カ所設置しても、ポイント数は等しく5000ポイントです。なお、バリアフリー改修で得られるポイントの上限は5万ポイントです。

●バリアフリー改修のポイント数のイメージ
国土交通省の資料を基に日経ホームビルダー編集部が加工


 さらに詳しいポイントの基準は国土交通省のウェブサイト「住宅版エコポイント制度の概要について 3.エコポイントの発行対象及び発行ポイント数」をご参照ください。ちなみに、新築住宅でポイントを得た後に、同じ家でエコリフォームをしても、そのリフォームにポイントはつきません。

<追加情報>
外壁、屋根・天井、床の断熱改修について、「建物の外部と接していない部分は対象となりません」というのは本当かというお問い合わせを何件かいただきました。改めて国土交通省に確認したところ、「共同住宅、戸建て住宅とも外部と接していない部分は対象とならない」との回答を得ました。(2010年2月23日14時12分、編集部)

(最終更新日 2010年12月21日)

あなたにお薦め

今日のピックアップ

PR

日経クロステック Active注目記事

おすすめのセミナー

セミナー一覧

注目のイベント

おすすめの書籍

書籍一覧

日経BOOKプラスの新着記事

日経クロステック Special

建築・住宅