PR

 内断熱とは、壁や柱などの室内側に断熱材を設置する工法のことです。鉄筋コンクリート造やコンクリートブロック造などの建物に用います。日本で普及している工法で、分譲マンションによく用いられます。

 価格が安い断熱材が普及していることなどから、室外側に断熱材を張る外断熱と比べて、一般的にコストを抑えることができます。ただし、熱を伝えやすいコンクリートの躯体が断熱材の外側に設置されるので、蓄熱ができません。また、断熱材の設置が不連続になり、熱が内外に伝わりやすくなるヒートブリッジ(熱橋)ができると、外部の熱が内部に流入・流出してしまいます。このため外断熱と比べると、空調のエネルギーロスが生じたり、結露が発生しやすい面があります。